×

校歌

悠久の街

~長浜バイオ大学・校歌~

作詞・作曲 加藤登紀子

※空と大地がとけ合う水辺
 過去と未来が出逢う今

※繰り返し

この街で暮らした毎日を 僕らはきっと忘れない
大切な人とめぐり逢い はじめての自分を見つけた

夢にみるあしたに とどかない夜も
弱すぎる自分に 泣けてくる朝も

生きている さがしてる
素晴らしい明日 この手でつかむまで
いつの日か夢を とげるまで
悠久の街 長浜で今 生きている

夕陽が沈む光の中 僕は今日も走っていく
自転車の音と波の音が 風の中でうたってる

遠い日の思い出 過ぎていく時間
花開く春も 凍りつく冬も

忘れない 何もかも
素晴らしい今日の 二度とない時を
いつの日か遠く はなれても
悠久の街 長浜をずっと 忘れない

※空と大地がとけ合う水辺
 過去と未来が出逢う今

※繰り返し

ページの先頭へ