実験・実習機器

研究の最前線で活躍する実験・実習機器

実験・実習機器は、実学を重視した本学らしく、第一線のバイオ企業で活躍している機器が揃っており、教育と研究を力強くサポートしています。

セルソーター

セルソーター

個々の細胞を解析し分離することができ、細胞を基盤とした様々な基礎研究、特に組織・細胞集団から特定 の細胞だけを分取し、細胞をツールとして利用するための前処理に活用されます。細胞からの蛍光をレンズを介さず光ファイバーで直接検出器に導き、各励起光による蛍光が混じり合う前に検出することが可能です。

ルミノ・イメージアナライザー

ルミノ・イメージアナライザー

化学発光法、蛍光・ケミフローレンス法(Blue-LED)のサンプルを高感度に検出するとともにデジタル画像として画像処理や定量解析を簡単に実現することができます。

透過電子顕微鏡

透過電子顕微鏡

Windows搭載のPCにより制御される最新型の透過電子顕微鏡で、TVカメラを装備し自動焦点機能を持っています。加速電圧は120kVまで可能です。生物材料の観察に適した仕様になっています。光学顕微鏡の約千倍の解像力を持つため、タンパク質などの高分子集合体、ウイルス、細胞内微細構造の観察が可能です。

高速並列計算機

高速並列計算機

超大規模なゲノム情報処理やタンパク質複合体の構造モデリング等、計算の並列性が高いうえに大量のメモリを必要とする演算処理に使用します。CPUコアが384個、メモリが1テラバイト搭載された共有メモリ型の並列計算機であり、1ジョブに対して多くのCPUコアとメモリを割り当てられる新しいタイプの計算システムです。

蛋白質微量精製システム(高速液体クロマトグラフ)

蛋白質微量精製システム(高速液体クロマトグラフ)

種々の生体試料に含まれる微量の蛋白質やペプチドなどの生体物質を分離、精製、分取するために使用します。質量分析計と組み合わせることによって、生体物質の分離、精製、構造解析を行うことができます。

ガスクロマトグラフ質量分析計

ガスクロマトグラフ質量分析計

極微量の揮発性物質や低分子物質を混合物の状態で注入してガスクロマトグラフによって含有成分を分離し、各成分ピークを質量分析法で高感度に分析する装置。植物に含まれる香料成分や食品の添加物の分析あるいは環境ホルモンの検出などに用います。

高速液体クロマトグラフ質量分析計

高速液体クロマトグラフ質量分析計

タンパク質の電気泳動ゲル内消化産物をマイクロLCで分離してそれぞれの分子量を測定してタンパク質の同定を行うプロテオームの研究や、完全に精製していない低分子有機化合物をマイクロLCにより分離して各成分の分子量を測定するドーターイオン解析で成分の同定と構造解析を行うのに使用します。

実験動物用マイクロX線CT装置

実験動物用マイクロX線CT装置

マウスやラットなどの小型実験動物のX線CT画像を撮影する装置です。動物の体を傷つけることなく骨や脂肪などの体内の組織の形態を最少5マイクロメートルの分解能で解析することができます。撮影した2次元画像から3次元の構造を簡単に構成することができるため、臓器・組織の大きさの測定や成長に伴う組織の立体構造の変化の研究に威力を発揮します。

生化学自動分析装置

生化学自動分析装置

血液化学分析を行う卓上型高処理能力自動分析装置。実験動物の肝・腎・膵臓の状態やタンパク、電解質、脂質、ミネラルなどの量を測定することができます。試薬(スライド)を機器にセットし検体を点着するだけで測定を行える迅速・簡便なシステムで、測定方式が異なる「比色27項目」と「電解質3項目」を一台の装置で測定することができます。

円偏光二色性分光光度計

円偏光二色性分光光度計

生体物質の絶対配置を決定したり、光学純度を測定し、それらの定量、定性、純度の検定などを行う装置です。タンパク質の二次構造や三次構造の情報を得ることもできます。

共焦点レーザ走査型顕微鏡

共焦点レーザ走査型顕微鏡

光源にレーザを用いた光学顕微鏡で、厚みがある生物試料などであっても、ある一面だけの焦点の合ったきれいな画像を得ることが出来ます。また、色々な焦点で観察した画像をコンピュータで再構築し、試料の三次元画像を得ることも可能です。

フルオロ・イメージアナライザー

フルオロ・イメージアナライザー

3波長レーザー(473/532/633nm)を搭載し、23×40cmのサンプルサイズまで対応できる蛍光画像解析システム。最小画素サイズは50μm。ほとんどすべての蛍光色素に対応しています。イメージングプレートを使用した画像も解析できます。

マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計

マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計

タンパク質、ペプチド、核酸、脂質、糖鎖などの生体分子、代謝物や薬剤など有機化合物の精密な分子量を測定することで、検体の成分解析と合成物の構造確認ができます。

単結晶X線解析装置

単結晶X線解析装置

タンパク質などの生体物質は、三次元構造を持つことによって機能を発揮します。タンパク質や、タンパク質とタンパク質、タンパク質と核酸との複合体などの生体高分子の単結晶を作成し、それらの立体構造を精密に解析するために使用します。

赤外分光光度計

赤外分光光度計

赤外線を波長を変えながら分子に照射して、分子の振動運動を調べる装置です。医薬品、プラスチック、食品添加物、大気汚染物質などの分析に使用します。

原子吸光分光光度計

原子吸光分光光度計

試料溶液中の微量の金属を高温で原子化し、特定の波長の光を当てて各金属元素濃度を測定する装置。環境試料中の銅やマンガンあるいは植物や食品に含まれるカルシウム、マグネシウムなどの含有量を調べることができます。

DNAシークエンサー

DNAシークエンサー

DNA塩基配列の解析とデータ処理などに使用します。ポリマー充填、サンプルインジェクション、分離、検出、データ解析が完全に自動化され、全分析が完了するまでの操作は一切不要なため、多数のサンプル解析が可能です。ポリマーによる分離機能やCCDカメラによる蛍光検出機器の高性能ももち合わせています。

蛋白質用クロマトグラフィーシステム

蛋白質用クロマトグラフィーシステム

クロマトグラフィーの技術により、生体試料に含まれる様々なタンパク質を分離精製して取り出すことができます。低温下で操作できるなど、壊れやすいタンパク質でも活性を保ったまま精製できるように、この装置は各所に特別な工夫がこらされています。精製された蛋白質は、その後様々な分析装置により構造解析や活性測定が行われ、その機能が研究されます。

生体イメージング装置

生体イメージング装置

この装置は、生物個体から生じる発光および蛍光や、これら生物個体に導入した蛍光剤や発光剤に由来する微弱な光を非破壊で極めて高い感度で検出し、その画像を得ることが出来る装置です。この装置を用いることで、蛍光タンパク質を組み込んだがん細胞の動物個体における増殖が観察できるようになり、また、蛍光を有する植物病原菌を植物に感染させることで、この病原菌の分布様式をリアルタイムで観察することが出来ます。この装置を用いた生物個体レベルでの研究によって、バイオサイエンス分野における新たな知見の取得が期待されます。

生理活性反応測定装置

生理活性反応測定装置

酵素反応を簡便に測定し定量する装置。高感度ISFET信号累積型プロトン検出方式イオンセンサーを利用した測定法により、極微量で不均一系の状態でもリアルタイムに酵素活性を測定することが可能です。従来の分光光度計などによる測定法で行われていた、発光・発色プロセスが不要になり、直接・簡便に測定および定量分析ができます。

核磁気共鳴装置(NMR)

核磁気共鳴装置(NMR)

強磁場(11.7テスラ:約12万ガウス)中においた試料溶液に電磁波を照射して、原子核の共鳴現象を観測する装置です。合成した化合物や天然物などの有機化合物、糖・核酸やタンパク質などの生体物質の構造解析に最も威力を発揮します。分子の構造に関して得られる情報が多く、有機化合物の分析では中心的な位置を占めています。

CatWalk

CatWalk (マウス・ラット用自動ゲイト解析システム)

マウス・ラットのゲイト(足跡の物理形状から歩行パターンまで)の情報を収集解析し、歩行に関連する運動能力を評価するシステムです。動物の足跡の撮像ビデオより、足跡の長さ・幅・接地面積・接地時間・接地圧をリアルタイムに計測・表示します。さらに、各々の足跡の変化や滞空時間・ 滞空スピード(スウィング速度)なども算出し、歩行のパラメーターも詳細に解析できます。本システムは、トレッドミルを使った「強制歩行」ではなく動物の「自発歩行」の情報を利用することで、より自然な歩行情報を得られるのが特徴です。

走査電子顕微鏡(SEM)システム

走査電子顕微鏡(SEM)システム

電子線を用いて生物や物質の表面を超高倍率で観察、写真撮影する装置。低真空SEMとして、乾燥した生物を金属蒸着なしで観察することも可能です。エネルギー分散型X線分析装置とクライオシステムを装着しており、元素分析、急速凍結固定試料の超低温観察を行うこともできます。

次世代シーケンサー

次世代シーケンサー

次世代シーケンサーとは、数千万から数億のDNA断片の塩基配列を並列に決定することで、低コストで短時間に塩基配列を解読できる機器です。ヒトゲノムを数万円から数十万円で決定することができ、個別化医療からがんのメカニズム解明まで幅広く活用されています。

ページの先頭へ