×

滋賀県立大学大学院と研究交流会を開催

9月21日、本学大学院バイオサイエンス研究科は、滋賀県立大学大学院環境科学研究科と大学院生による「研究交流会2017」を開催しました。この研究交流会は、両大学の大学院生の研究促進を目的に、初めて開催したものです。今回会場となった本学命翔館のアクティブラーニングルームには、大学院生や教職員約70人が参加しました。

研究交流会前半は、中村肇伸准教授(長浜バイオ大学アニマルバイオサイエンス学科)と泉津弘佑助教(滋賀県立大学大学院環境科学研究科)の基調講演で、大変興味深い最新研究成果が報告され、活発な質疑応答が行なわれました。後半の大学院生によるポスター発表では、12演題の研究内容の発表が行なわれました。各ブースでは熱い議論が繰り広げられていました。

今後も両大学院による研究交流会を開催し、お互いの強みを生かした研究交流・共同研究が展開できればと考えています。

ページの先頭へ