×

麻生、向、河内先生をベストティーチング賞で表彰

2017年度のベストティーチング賞は、学部全体科目部門に「科学英語ⅡA」担当の麻生一枝准教授、受講生100名以上科目部門は「応用微生物学」担当の向由起夫准教授、大学院研究科部門には河内浩行准教授がそれぞれ選出され、3月14日の教授会で表彰式を行いました。

 この賞は、学生アンケートによる学生の授業への満足度に、授業方法や学生の理解度を加味してFD委員会が選出するもので、今回で3回目となります。表彰式では、蔡晃植学長が表彰状と記念品を手渡し、「大学の教育の質を向上させるために、今後も一層努力していただきたい」とねぎらいました。

ページの先頭へ