進路に合わせたカリキュラム

必要な知識と技術を
進路に合わせて修得するカリキュラム

夢をカタチに変える特色あるカリキュラム

本学を志望する学生の多くが、「生きものが好きだから」や「がんや難病を克服したい」という動機を持っているのが特徴です。そうした夢を具体的な目標へとカタチにし、そのためには何をどう学べばよいのかを明らかにしたのが、本学のカリキュラムです。
コンピュータバイオサイエンス学科の、バイオや医療分野のビッグデータの解析に特化した技術者の育成や、アニマルバイオサイエンス学科での、琵琶湖を取り巻く豊かな自然環境を観察しながら地域の人たちとの共同作業でコミュニケーション能力を鍛錬する「湖北動物プロジェクト」など、本学ならではの特色ある教育プログラムが用意されています。

幅広い視野と的確な判断力を養う一般教育

一般教育コアプログラムでは、数学と物理学を融合し数理的な思考力を養成する数理科学、バイオサイエンス理解に必須の化学、生物学などの理系基礎教育科目に加え、英語の基礎力と日本語力を身につけます。
一般教育教養プログラムでは、人文科学と社会科学の科目を配置し、バイオサイエンスの背景にある社会との関わりを学び、キャリア科目では社会と関わる際に自らの課題を発見し解決を導き出す力を養います。

バイオの知識を深く体系的に学ぶ専門教育

生命科学専門教育ユニットでは、生命倫理から遺伝子情報、細胞を構成するタンパク質、さらに情報科学を学び生命科学の概要を把握します。物質科学専門教育ユニットは、生命科学に必須の生体成分に関する知識、環境と科学の関係、背景にある化学全般を学びバイオサイエンスに必要な科学的知識を身につけます。
ビジネス教育専門ユニットでは、バイオテクノロジーの産業への応用を包括的に理解し、実学的な理解を得るとともに、応用科学実験ユニットで、バイオテクノロジーの重要技術を学びます。

進路に直結する学科の教育プログラム

バイオサイエンス学科は、創薬や化学工業、食品産業で応用できる「創薬・機能物質プログラム」、環境生態系を理解し専門知識を持つ「環境・植物制御プログラム」、予防医学や再生医療など先端分野で活躍する「遺伝子・細胞新機能プログラム」の教育プログラムを設けています。
アニマルバイオサイエンス学科の「アニマルバイオサイエンス専門教育プログラム」は、生物多様性学、実験動物学、食品機能学、食品衛生学を関連づけて学ぶ教育プログラムで、農学・理学・獣医学・医学・薬学など幅広い分野で活躍するスペシャリストを育成します。
コンピュータバイオサイエンス学科に設けているのは、遺伝子解析などの知識と技術で、医薬品や食品業界で活躍する「情報生物学専門プログラム」、医療情報知識とプログラミング技術で、医療現場やIT産業の技術者となる「医療情報技術専門プログラム」の教育プログラムです。

ページの先頭へ