×

地の酒フェスタ+脱出ゲーム in 長浜のご案内(1/14)

3回目となる「うまい! 楽しい! 長浜めぐり! 地の酒フェスタ+脱出ゲーム in 長浜」は、1月14日(日)に開催します。このイベントは、長浜バイオ大学のキャリア教育科目「長浜魅力づくりプロジェクト」を受講している学生が企画・運営するもので、今回は開催日を14日の一日のみにするとともに、開催場所を大手門通り商店街一帯からパウビルをメイン会場にする屋内型イベントへと変更しました。

地ビールとワイン2社を含む、滋賀県内11酒蔵のしぼりたて新酒を始め、自慢の銘柄各種の飲み比べができるこのイベント、お酒を飲めないお子さんも楽しんでいただけるように、発見した古地図をもとに謎を解く脱出ゲームも同時開催します。

<今回ならではの5つのトピック>

●学生プロジェクトが佐藤酒造と共同開発した、盆梅のまち梅酒100本を先行販売!
本学学生による梅酒プロジェクトが、佐藤酒造さんと共同で梅酒を開発しました。コンセプトはズバリ、盆梅のまち長浜にふさわしい梅酒です。この梅酒のお披露目で、100本を先行販売します。

●長谷川研究室で培養法を開発した、冨田酒造の蔵付酵母純米酒のお披露目試飲!
バイオサイエンス学科の長谷川慎研究室が、冨田酒造さんの酒粕から蔵付き酵母を単離し、酵母の培養法を開発しました。この酵母を使ったさっぱり酸味の純米酒を、お披露目試飲していただけます。

●向研究室が単離した梅の実由来酵母を使った、岡村本家の吟醸酒をモニター試飲!
バイオサイエンス学科の向由起夫研究室が、岡村本家さんの近所の梅の実から単離した酵母を使った、アルコール控えめで口当たりの良い甘さの純米吟醸酒をモニターしていただけます。販売に向けたアンケートにご協力願います。

●利き酒大会、糖度当てゲーム、杉玉作り、学生による酒の肴などお楽しみ企画満載!
酒米を磨く精米歩合によってお酒の風味や味覚がどれだけ違うのかが体験できるコーナーや、お酒の仕込み水の飲み比べコーナーなど、“そうやったんや!日本酒”企画も盛りだくさん企画しています。

●再開発に伴って解体される、パウビルの懐かしい写真展示コーナーも登場!
長浜市内屈指の繁華街として市民に親しまれてきたパウビル、再開発によって取り壊されます。パウビルの歴史を刻んだ写真展示コーナーで、懐かしい思い出をお子さんやお孫さんに話してみてはどうでしょう?

<今回出展いただく酒蔵>

日本酒:近江酒造(東近江市)、太田酒造(草津市)、岡村本家(豊郷町)、川島酒造(高島市)、佐藤酒造(長浜市)、冨田酒造(長浜市)、増本藤兵衛酒造場(東近江市)、山岡酒造(長浜市)、山路酒造(長浜市) ビール:長濱浪漫ビール(長浜市) ワイン:大沢ワインズ(米原市)

<開催要項>

日  時:2018年1月14日(日)10時 ~ 16時(脱出ゲーム受付は15時まで)
会  場:パウビル1階(長浜市元浜町13-31、曳山博物館向い)
飲食券:1,000円(100円券10枚綴、前売券は100円分お得)、500円(100円券5枚綴)
・試飲:1杯100円~ ・脱出ゲーム:1組500円(現金も可) ・ロゴ入りおちょこ販売

主 催)長浜バイオ大学 魅力づくりプロジェクト(担当教員:松島 三兒)
協 力)長浜商店街連盟
協 賛)大手門通り商店街振興組合
問合せ)前日まで:TEL. 0749-64-8132(長浜バイオ大学支援センター)
E-mail:zinosakefes2018@gmail.com
開催当日:TEL. 0749-53-2011
*前売券申込は1/11まで上記メールか、FAX.0749-64-8151まで

ページの先頭へ