キャリア教育の科目と目的

キャリア教育の目的と科目

キャリア教育の目的と科目

科目紹介

1年次 社風発見インターンシップ

社風発見インターンシップ滋賀、京都、奈良の13大学の連携により実施する、低学年次からのインターンシッププログラムです。企業研究と体験実習を通じて企業の「社風」を観察・発見するなかから、学生自らが将来や学びへの気づきを得ることを目的としています。

社風発見インターンシップ

学生の声

本城梨沙さん

本城 梨沙さん コンピュータバイオサイエンス学科2年次生
[京都・府立洛西高校出身]

社風発見インターンシップでは、働いている人を間近で見ることができ、接客などの経験もさせてもらいました。
実習中は自分の意見を発表する機会が多く、実習後には自分の意見を伝えることに抵抗がなくなりました。他大学と合同で行われているので友達も増え、楽しくインターンシップに参加できてとてもいい経験になりました。

2年次 マーケティング戦略の立案Ⅰ・Ⅱ

マーケティング戦略の立案Ⅰ・Ⅱ授業前半で、企業がどのようなやり方で課題の解決策を探り戦略や戦術に結びつけているかについて学び、後半には、企業の経営者や実務家を講師に招き、実際の製品やサービスを題材としてブランド戦略や集客戦略などを立案します。

マーケティング戦略の立案Ⅰ・Ⅱ

学生の声

大平真菜さん

大平 真菜さん バイオサイエンス学科3年次生
[三重・県立桑名高校出身]

マーケティングという言葉に興味をもち、企業の人と話したりグループ討論するのが楽しそうで、1もⅡも受講しました。よもぎパウダーを使った商品開発とホテルのウェディングプラン立案、一からプランをつくるというのはとても難しく、いろんな意見をグループのなかでまとめるのに苦労しました。そのなかで、コミュニケーション能力を培うことができたと思っています。

ページの先頭へ