×

関西文理総合学園沿革

1946 (昭和21年) 京都人文学園設立
1951 (昭和26年) 関西文理学院(予備校)設立
1954 (昭和29年) 学校法人関西文理学園認可(認可時の名称は賀茂川学園)
1987 (昭和62年) 関西文理情報会計専門学校開校(2008年閉校)
1993 (平成5年)   専門学校バイオカレッジ京都開校(2010年閉校)
2002 (平成14年) 学校法人関西文理総合学園設立(初代理事長:吉田保)
2003 (平成15年) 長浜バイオ大学開学(初代学長:下西康嗣)
2004 (平成16年) 第1回アジア・バイオ国際シンポジウム開催
タイ王国・カセサート大学理学部と学部間学術交流協定締結
2005 (平成17年) 校歌「悠久の街」(作詞・作曲:加藤登紀子)制定
韓国・釜慶大学校と学術交流協定締結
長浜市との包括連携協定締結
2007 (平成19年) 命北館竣工 / 長浜バイオ大学大学院開設
文部科学省平成19年度「統合データベース整備事業人材育成プログラム」参加
2008 (平成20年) 中国・東北大学と学術交流協定を締結
韓国・釜山大学校自然科学大学と学部間学術交流協定締結 / 滋賀医科大学と大学間連携協定締結
文部科学省「戦略的大学間連携支援事業」採択
2009 (平成21年) 命北館新学科棟竣工
アニマルバイオサイエンス学科とコンピュータバイオサイエンス学科開設
文部科学省平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」採択
2010 (平成22年) 滋賀医科大学、中国・東北大学との三大学学術交流協定締結
文部科学省平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」採択
2011 (平成23年) 第二代学長に三輪正直就任
第二代理事長に若林浩文就任
学校法人関西文理総合学園に学校法人関西文理学園統合
実験動物1級技術者資格認定試験受験資格の特例認定
2012 (平成24年) 長浜バイオ大学マチナカ活動拠点開設
長浜バイオ大学保護者会結成
文部科学省「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」参加
文部科学省平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実整備事業」採択
文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」採択
2013 (平成25年) タイ王国・カセサート大学、同大工学部と学術交流協定締結
タカラバイオ株式会社と連携大学院協定を締結
2014 (平成26年) 新カリキュラム導入
JABEE認定制度に参加
2015 (平成27年) 臨床検査学プログラム開始
長浜バイオ大学ドームネーミングライツ取得
文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」採択
2016 (平成28年) 命翔館竣工
滋賀県との包括連携協定締結
2017 (平成29年) 第三代学長に蔡晃植就任

建学の理念に導かれて 関西文理総合学園の歩みと長浜バイオ大学の課題

ページの先頭へ