×

入試方式

一般公募制推薦入学試験

複数学科併願制度

1回の受験で2学科以上の合否を判定します。

2方式判定制度

1回の受験で「トータル型」と「ポイント型」両方での合否判定が可能です。

出願資格

下記の1.2.いずれかに該当し、出身学校長から推薦された者

  1. 高等学校もしくは、中等教育学校(韓国高等学校または朝鮮高級学校を含む)を卒業した者または2019年3月卒業見込の者
  2. 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることとその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または2019年3月31日までに修了見込の者
  3. 出身高等学校長から推薦された者

公募制推薦入試A・B【トータル型】

試験日 教科 科目 配点 時間
A:11月11日(日)
B:11月17日(土)
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) 指定2教科の得点と調査書100点の合計300点で判定 100点 60分
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 100点 60分
書類審査 出身学校長推薦書、調査書 100点

※出願時における成績基準は設けていません。

公募制推薦入試A・B【ポイント型】

試験日 教科 科目 配点 時間
A:11月11日(日)
11月17日(土)
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) 指定2教科の得点の合計300点で判定(理科の得点を2倍) 100点 60分
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 200点 60分
書類審査 出身学校長推薦書、調査書

※出願時における成績基準は設けていません。

公募制推薦入試(自己推薦型)C 多面評価型

出願資格

下記のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは、中等教育学校を卒業した者または2019年3月卒業見込の者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または2019年3月修了見込の者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者、高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格検定に合格した者
試験日 教科 科目 配点 時間
12月9日(日) 小論文 課題文(生物関連分野の文章)を読んで600字程度で記述する。 50点 60分
個人面接 「自己推薦書」「調査書」内容で自己アピールする。
小論文、自己アピール内容での質疑・応答
20点 15分
書類審査 自己推薦書、調査書 ※外部取得資格・諸活動・課外活動なども点数評価 30点

※出願時における成績基準は設けていません。

公募制推薦入試(自己推薦型)C 専門・総合学科枠

出願資格

下記の項目を満たす者

  1. 高等学校の農業・工業・情報などの専門学科および総合学科を2019年3月卒業見込の者
試験日 教科 科目 配点 時間
12月9日(日) 小論文 課題文(生物関連分野の文章)を読んで600字程度で記述する。 50点 60分
個人面接 「自己推薦書」「調査書」内容で自己アピールする。
小論文、自己アピール内容での質疑・応答
20点 15分
書類審査 自己推薦書、調査書 ※外部取得資格・諸活動・課外活動なども点数評価 30点

※出願時における成績基準は設けていません。

一般入学試験

出願資格

下記のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは、中等教育学校を卒業した者または2019年3月卒業見込の者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または2019年3月修了見込の者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者、高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格検定に合格した者

一般入学試験(前期A・B)

複数学科併願制度

1回の受験で2学科以上の合否を判定します。

2方式判定制度

1回の受験で「高得点2教科型」と「理科重視型」両方での合否判定が可能です。

前期A・B(特別奨学生選抜入試)高得点2教科型

試験日 教科 科目 配点 時間
A
1月29日(火)
B
2月3日(日)
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) いずれか2教科の合計200点で判定(3教科以上受験した場合は、高得点2教科の合計点で判定) 100点 60分
数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル) 100点 60分
理科 「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 100点 60点
国語 国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B 100点 60点

前期A・B(特別奨学生選抜入試)理科重視型

試験日 教科 科目 配点 時間
A
1月29日(火)
B
2月3日(日)
数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル) 必須 指定2教科の得点の合計300点で判定 100点 60分
理科 「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 必須 200点 60点

センター試験併用判定制度

1回の検定料に+5,000円で一般前期A(前期B)に加え、プラスセンター1での合否判定が可能です。
一般前期A(前期B)を2教科以上受験する事が必須です。

前期A(前期B)プラスセンター1(センター試験併用型)(特別奨学生選抜入試)

試験日 教科 科目 配点 時間
A
1月29日(火)
B
2月3日(日)
一般前期A(前期B) 外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) 一般前期A(前期B)受験教科の中から高得点1教科 一般前期A
(前期B)
高得点1教科
(100点)
+
センター試験
高得点1教科
(100点)
合計200点で判定
100点 60分
数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル)
理科 「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目
国語 国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B
大学入試センター試験 外国語 英語(筆記のみ) 左記センター試験教科の中から高得点1教科 100点
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」から1科目
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目、または「物理基礎*」「化学基礎*」「生物基礎*」から2科目

*「センター試験理科」の基礎を付した科目は2科目の合計点を1科目として扱います。

一般入学試験(中期) 一般入学試験(後期)

複数学科併願制度

1回の受験で2学科以上の合否を判定します。

2方式判定制度

1回の受験で「高得点2教科型」と「理科重視型」両方での合否判定が可能です。

中期(特別奨学生選抜入試)高得点2教科型

試験日 教科 科目 配点 時間
2月17日(日) 外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) いずれか2教科の合計200点で判定(3教科受験した場合は、高得点2教科の合計点で判定) 100点 60分
数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル) 100点 60分
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 100点 60分

中期(特別奨学生選抜入試)理科重視型

試験日 教科 科目 配点 時間
2月17日(日) 数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル) 必須 指定2教科の得点の合計300点で判定 100点 60分
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 必須 200点 60分

センター試験併用判定制度

1回の検定料に+5000円で一般中期に加え、プラスセンター2での合否判定が可能です。
一般中期を2教科以上受験する事が必須です。

中期プラスセンター2(センター試験併用型)(特別奨学生選抜入試)

試験日 教科 科目 配点 時間
2月17日(日) 一般中期 外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) 一般中期受験教科の中から高得点1教科 一般中期
高得点1教科
(100点)
+
センター試験
高得点2教科
(各100点)
合計300点で
判定
100点 60分
数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル)
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目
大学入試センター試験 外国語 英語(筆記のみ) 左記センター試験教科の中から高得点2教科 200点
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」から1科目
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目、または「物理基礎*」「化学基礎*」「生物基礎*」から2科目

後期

試験日 教科 科目 配点 時間
3月11日(月) 数学 数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ・数学B(数列、ベクトル) 指定2教科の得点の合計200点で判定 100点 60分
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 100点 60分

大学入試センター試験利用入学試験

※ 本学独自の個別学力検査等は課さず、大学入試センター試験の該当科目の総合点のみで合否を判定します。

センター利用入試 前期A・B センター利用入試 中期

出願資格

下記のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは、中等教育学校を卒業した者または2019年3月卒業見込の者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または2019年3月修了見込の者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者、高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格検定に合格した者

センター利用前期A(特別奨学生選抜入試)

教科 科目 配点
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」から2科目 200点 2教科
3科目
300点
外国語 英語(筆記のみ) いずれか
1教科1科目
100点
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目、または「物理基礎*」「化学基礎*」「生物基礎*」から2科目

センター利用前期B(特別奨学生選抜入試)

教科 科目 配点
外国語 英語(筆記のみ) いずれか
1教科1科目
100点 3教科
3科目
300点
国語 国語(近代以降の文章のみ)
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」から1科目 100点
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目、または「物理基礎*」「化学基礎*」「生物基礎*」から2科目 100点

センター利用中期(特別奨学生選抜入試)

教科 科目 配点
外国語 英語(筆記のみ) いずれか
1教科1科目
100点 3教科
4科目
400点
国語 国語(近代以降の文章のみ)
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・B」から2科目 200点
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目、または「物理基礎*」「化学基礎*」「生物基礎*」から2科目 100点

ATTENTION

  1. センター利用前期Bの「数学」については、高得点科目を合否判定に使用します。「理科」について2科目受験した場合は、高得点科目を合否判定に使用します。
  2. 外国語」は、100点に換算します。

*「センター試験理科」の基礎を付した科目は2科目の合計点を1科目として扱います。

AO(実験・実習評価型)入学試験

※ 詳細は、AO入試入学試験要項でご確認ください。

出願資格

下記のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、または2019年3月卒業見込の者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または2019年3月修了見込の者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者
    高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格検定に合格した者
AO(実験・実習評価型)入試
試験日 試験内容 詳細 配点 時間 合否判定方法
2018年
9月29日(土)
実験・実習 ガイダンスと説明書に従って実験・実習を実施します。
出願時に生物(動物)・生物(植物)・化学の3テーマから1つ選択。
50点 90分 実験・実習、レポート作成・発表、個人面接により総合的に審査し、合否を判定します。
レポート作成 実験・実習の経過や結果を定められた項目に従いまとめ、わかった事を記述します。 50点 45分
個人面接 実験・実習のレポートを発表します。
レポートの内容、志望理由などについての質疑・応答。また、理科(物理基礎、化学基
礎、生物基礎から1科目選択)について口頭試問を行います。
20分

AO(オープンキャンパス参加型)入学試験

※ 詳細は、AO入試入学試験要項でご確認ください。

入学検定料
第1次選考 無料【当日出願】
第2次選考 35,000円【インターネット出願5,000円割引有】

出願資格

下記のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、または2019年3月卒業見込の者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または2019年3月修了見込の者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、 または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者
    高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格検定に合格した者
AO(オープンキャンパス参加型)入試
試験日 試験内容 詳細 配点 時間 合否判定方法
2018年
8月4日(土)
または
8月18日(土)
バイオ実験・実習 第1次選考(無料)
オープンキャンパス8月4日(土)、18日(土)に実施するバイオ実験・実習プログラムに参加。
参加した実験・実習について、定められた項目に従いレポートを作成します。第1次選考合格者は、9月16日(日)に個人面接を受験します。
50点 90分 バイオ実験・実習、レポート作成、個人面接により総合的に審査し、合否を判定します。
レポート作成 45分
2018年
9月16日(日)
個人面接 第2次選考
レポートの内容、志望理由などについての質疑応答、また理科(物理基礎・化学基礎・生物基礎から1科目選択)についての口頭試問を行い、勉学に対する意欲や適性などを評価します。出願学科を第2志望まで申請できます。
50点 20分

一般公募制推薦(地域特別枠)入学試験

※ 専願制・現役生のみ

出願資格

次に該当する者

(1)長浜バイオ大学バイオサイエンス学部で勉学したいと強く希望し、本学を第一志望とする者【専願】

(2)下記の1 ~ 4すべてに該当する者

  1. 滋賀県内の高等学校を2019年3月卒業見込の者
  2. 調査書の全体の評定平均値が右表の志望学科・コース別出願評定基準値を満たす者
  3. 出身高等学校長から推薦された者
  4. 合格した場合は、入学することを確約できる者
志望学科・コース 評定基準値
フロンティアバイオサイエンス学科
フロンティアバイオサイエンス学科臨床検査学コース
メディカルバイオサイエンス学科
アニマルバイオサイエンス学科
高等学校の全体の評定平均値3.2以上
一般公募制推薦(地域特別枠)
試験日 教科 科目 配点 時間 合否判定方法
2018年
11月17日(土)
外国語 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ) 100点 60分 英語と理科(1科目)、調査書、入学志願理由書、個人面接により合計300点満点で合否を判定します。
理科 「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目 100点 60分
個人面接 調査書、入学志願理由書についての質疑応答、また口頭試問を行い勉学に対する意欲や適性などを評価します。3学科出願者は理科(生物基礎・化学基礎・物理基礎から1科目選択)について、臨床検査学コース出願者は理科(生物基礎・化学基礎から1科目選択)についての口頭試問を行います。 100点 15分

授業料減免制度

入学選考において人物・成績ともに優秀と判定された者は、1年次の授業料50%が減免されます。
(2年次も前年成績優秀と認められた場合は継続されます。3年次以降も前年成績優秀者は、学内奨学金制度の支給対象者になることができます。)

社会人特別入学試験 (前期、後期)

出願資格

下記のいずれかに該当する者

職業(主婦・自営業・半年以上継続したパートタイムやアルバイト含む)に従事しているか、従事したことのある者で下記の(1)〜(3)のいずれかに該当する者

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者

選考方法

書類審査と小論文・面接の結果を総合して、入学の可否を判定します。

  • 書類審査(卒業〈修了〉証明書・出身高等学校の調査書〈成績証明書〉・職業経歴書)
  • 基礎学力試験と小論文(出題テーマに対する800字以内の記述)
  • 個人面接(出願時提出の「入学志願理由書」も資料として利用します。「口頭試問」を含みます。)

授業料減免制度

人物・成績優秀者は、授業料50%減免制度があります。

その他

AO入試・一般入試での出願も可能です。

入学検定料 20,000円

留学生特別入学試験 (前期、中期、後期)

出願資格

下記のすべてを満たす者

  1. 外国籍を有し、入学時(2019年4月1日現在)満18歳以上であること
  2. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、及び2019年3月31日までに修了見込の者、またはこれに準ずる者
  3. 「出入国管理および難民認定法」による「留学」の在留資格を有する者
  4. 大学の講義を理解できる程度の日本語能力を有する者

選考方法

独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」の成績結果と、本学が独自に行う、面接・書類審査によって合否を総合的に判断します。

  • 日本留学試験(必須)
    2017年度もしくは2018年度の日本留学試験
    ①6月②11月のいずれも利用可能です。
    指定受験科目…日本語、数学コース1or 2
  • 本学独自試験(書類審査・面接「口頭試問含む」)
  • 募集人員は、若干名

外国人留学生奨学制度

  1. 入学金全額免除
  2. 授業料の50%減免
  3. 長浜バイオ大学私費外国人留学生特別奨学金給付
    ※私費外国人留学生で申請・審査の上、認められた場合。

入学検定料 20,000円

ページの先頭へ