×

「学科紹介コーナー」のご案内①(5/20 OPEN CAMPUS)

5/20に実施する「OPEN CAMPUS(学科紹介編)」のコーナー、「学科紹介コーナー」の企画をご案内します。第一回は、メディカルバイオサイエンス学科紹介コーナーです。

マルチな視点で現代医生物学を総合的に学ぶ

本学科では、現代医生物学の基礎を、「マクロな視点」「ミクロな視点」「物質・代謝の視点」「情報の視点」から総合的に学ぶことができます。創薬分野から医療IT分野まで、幅広い産業で活躍できる人材の育成をめざしています。

「マクロな視点」では、現代医学を俯瞰する講義や、CGを使った人体解剖学、生理学、神経科学などの講義と実習を用意しています。「ミクロな視点」に対応するのは、細胞学や細菌学、病原ウイルス学などです。講義だけでなく、実際に生きた細胞や細菌を使う実験・実習を豊富に用意しています。「物質・代謝」の視点では、栄養学をはじめ、さまざまな物質が体内でどのように代謝されていくかを、実験を交えながら詳しく学習していきます。またとくに薬物分子の代謝や、創薬のための講義と実習を用意しています。「情報の視点」では、現代医生物学をかげで支える医療情報学やゲノム解析学、さらに今後の発展と応用が期待される人工知能の実際などについて、専門的な知識を学んでいきます。4年次生になると、各研究室に配属され卒業研究に取り組みます。

本学科には、4つの視点に対応する10研究室と1研究グループが用意されています。各研究室の紹介をポスターにまとめています。また大学院生・4年次生への質問コーナーも用意しました。分からないことや興味が湧いたことがあれば、遠慮なく声をかけてください。

 

 

ページの先頭へ